<< そういえばここ数年海で泳いでないな | main | わしみず行ってきました >>

スポンサーサイト

  • 2014.09.06 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


劇場版仮面ライダーキバ 魔界城の王

昨日上映が始まった劇場版ゴーオンジャー&仮面ライダーキバを昨日見てきましたよ。
上映初日だからか入場前に結構並んだんですが、いざ入ってみたら結構ガラガラだったのは内緒です。

レジェンドルガが現代に復活し、イクサと一戦交えるところから話は始まりました。
舞台はTV版で言う所の秋頃との事で、すでに渡=キバと知られているようで。
どういうわけか渡は高校に転入、というか渡ってまだ高校生の年齢だったんだ。
ここでギャグパートというか電王イマジン役の声優さん出演フェイズが始まります。
一番手はキンタロス役のてらそままさきさん。
高校の国語教師役として転入した渡を紹介していましたが、渡の名前を黒板に書く時に何故か書かれていた『泣けるで!』の文字を消すのを躊躇っていました。
この時は『そんな小ネタも挿んでくれるんだ』と心の中で笑わせてもらったんですが、まさか二番手であんな風になるとは…。
二番手は渡が体験入部したサッカー部のキーパー役でリュウタロス役の鈴村健一さんだったわけですが、まさかリュウタ声で『止めてもいいよね?答えは聞いてない。』って言ってくれるとは。
その後の気絶シーンといい、チェリーベルで鍛えたお笑い技炸裂…か?
続いて3番手で登場したウラタロス役の遊佐浩二さんは将棋部の部長(?)役。
U良太郎が生け花教室をした時の浴衣&眼鏡を装備して渡を完膚なきまでに負かせる(王将以外全て奪取)わけですが、ここで決め台詞が『僕に詰まれてみる?』ですよ。
正直やりすぎだと思いましたが面白かったので無問題です。
だってモモタロス役の関俊彦さんで本気で拭きましたし。
関さんは刑務官役でして、なんと役名まで付いていました。
その名も三条刑務官。
なぜこんな名前かというと、音也に名前を聞かれて『俺、三条。』というためだけに付けられたわけです。
遊び心ありすぎですよスタッフ(笑。

さて、そろそろ本編の感想戻りますか。
全て観終えてまず思った事は『レイっていらなくね?』でした。
正直彼の存在の意味が薄すぎる気がするんですがどうでしょう?
なんとなく劇場版限定のライダーとして登場したのはいいけど、名護との因縁が少し描かれたりレジェンドルガ関係の情報を持ってきただけで他に何かするわけでもなくアーク側に寝返っていたし、レジェンドルガを倒した時は『実は寝返ったと見せかけてただけなのか?』と思いきや普通に名護イクサとバトってたし。
尺的に仕方がなかった面もあるんだろうけど3WAに関しても上手く設定を活かしきれなかった感があるしね。
こう言っちゃなんだけど麻生親子を攫うのだってレジェンドルガがやれば事足りるし紅親子を誘い出すのもアークキバットがやればいいんだし。
今までの劇場版ライダーの中で一番存在理由薄かったんじゃないかなぁ…。
それ以外にもアームズモンスターとキバの共闘も唐突だったし、その流れでの各フォーム連続変身も電王と違ってカット割りで突然変身させるだけでちょっと不満だったなぁ。
レジェンドルガに感染(?)した人によるキバ襲撃も描写が弱かったかなぁ。
とはいえ、音也が渡の存在を信じてからの親バカ(でいいのか?)っぷりや洗脳された渡を正気に戻す件はベタだけどジーンと来ました。
過去と現代のイクサ揃い踏みも劇場版ならではの映像でいい感じ。
なんとなくファイズでの真理・阿部のダブル変身みたいな展開になるかと思いきや普通にレジェンドルガ撃破したし、ラストは両者とも己のパートナーにイクサを渡してのコンビネーションで勝利という流れ。
ホリケンことネプチューンの堀内健さんもラスボス役が見事にはまっていて、普段ネプリーグで見ている彼からは想像できなくてビックリでした。
最終決戦での空中戦ではキバエンペラーフォームから更なる変身を遂げて挑むわけですが、もう仮面ライダーじゃないよねアレ(笑。
今まで巨大化したり翼が付いたりした事はあっても、人間外の形態に変身する事は無かったじゃないですか。
まさかドラゴンになるなんて想像の埒外でビックリですよ。
当然フルCGだからTVではポンポン出せないんですけどね(苦笑。


そしてキバ終了後に始まったまっかっか城では新ライダーがちらりと出ていたけど、アレって噂に流れている電王新劇場版に出てくるやつかね?


まさかの電王締めとは思わなかったけど、なんだかんだで今年の映画も楽しめましたさ。
全体的に走輔が目立ってたりレイが空気だったり音也が特に死にそうじゃなかったけど、ゴーオン・キバともに全員に見せ場があったしね。
あと、冒頭を見て次狼・力・ラモンの3人と渡は番組始まった時から顔馴染みでもよかったんじゃないかなぁ、と思った。
年配者として色々と教えてくれそうで父親とも色々あった次狼に『お兄ちゃん』とか言って懐いてくるラモン、何考えてるか分からないけど意外と優しい力。
電王と被るしシナリオ的にこういう展開は難しかったんだろうけど、それでも見てみたかった…かも。


スポンサーサイト

  • 2014.09.06 Saturday
  • -
  • 19:01
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
profile
ウェブ拍手
Twitter
リンク
〜ホームページ〜

過去にブログで載せた作品達の展示もやっています。
当サイト内リンクスペースはこちら(別窓)
こちらで作品展示しています。
〜東方Project〜

東方サーチ
森近 霖之助@wiki
We Are Funky Chicken(う〜太 氏)
人生道草(道草 氏)
しゅまの拝み屋殴り旅 (しゅま 氏)
イッシーのほのぼのなブログ(イッシー13 氏)
HopefulDreams(浅村緋織 氏)
月下の鈴(鈴月 氏)
猫飯亭〜ねこまんまてい〜(ひげねこ 氏)
灯琳堂(さとや 氏)
チェねずみ(チェけん 氏)
植木投げの法(生植木 氏) 
にらたまごかけごはん(韮白 氏)
竜のねぐら(はみゅん 氏)
おかわり自由(しゃもじ 氏)
十四郎亭の出納帳(十四郎 氏)
Rapunzel(暁リト 氏)
天狗のしわざ。(jardio 氏)
$貯金日誌(ドルルン 氏)
矢本堂落書市(yamoto 氏)
独創性皆無(Yすけ 氏)
國城屋(國城 氏)
こたびの物置(こたび 氏)
淡色の空(淡色 氏)
自分らしく……(ark 氏)
Evolution&ReraOrganization (鬼狼・鬼干瓜 氏)
カレハベース(SAG 氏)
きっと大事な落とし物(拝 一樹 氏)
鳩の戦記(鳩 氏)
煙のように(うるま なお 氏)
〜リリカルなのは〜

ユーなの同盟
『君の中へ』をカラオケに
魔法少女リリカルなのは ポータル「時空管理局」
無限書庫の風景(仮)
日々、自由、哉。(朱雅 氏)
ものがたり屋。ブログ(ショウ 氏)
いつか見上げた、あの青空の下で・・・(マスターうー 氏)
selected entries
categories
archives
recent comment
search this site.
recommend
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM