<< なんだぁとぅー!しーぬー | main | レンジャーキー 39/199 >>

スポンサーサイト

  • 2014.09.06 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


スーパー戦隊199ヒーロー大決戦

本日より上映が始まった『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』を見てきました〜。
最初から最後まで徹底的にクライマックスで、もう大満足な内容となっていました。

2年前の『劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』で主役ライダーが全員集結した時も燃えたのですが、今回はさらに素晴らしい出来となっております。
メインであるゴーカイジャー・ゴセイジャーの皆さんはもちろん、戦隊OBである俳優・声優の方々やオリジナル曲・過去映像をふんだんに投入して、戦隊史上最大の映画となっていると思います。
劇場で販売していたパンフレットも、出演者のインタビューはもちろんの事、スーパー戦隊シリーズの歴史などについて記載されていたりとかーなーりのボリュームでした。
とにかく、戦隊好きなら絶対に1度は見ておきたい映画かと。

続きから、ストーリーに触れながらの感想になるので、ネタバレが嫌な方は注意です。

 























映画の冒頭は、数年前に繰り広げられたレジェンド大戦にてザンギャック軍と戦う天装戦隊ゴセイジャーの視点から始まります。
熾烈な戦いを繰り広げる彼らの背後に、左腕を失い大破したゴセイグレートが横たわっているのがこれまでの戦いを物語っていました。
パンフレットに書いてありましたが、白兵戦となる前にザンギャック艦隊とスーパー戦隊が誇る全ロボとの総力戦があったらしく、その戦いでデータスやサムライマン、ガンマジンといった巨大戦力も含めて殆んどの戦力を失ったらしいです。
それだけの長期戦ともなれば、いかに雑魚敵であるゴーミン相手でも疲労が祟って満足に戦えないのも分かります。

ザンギャック軍のあまりの物量戦に森の中へ退却するゴセイジャー&ゴセイナイトの前に現れたのは、最初のスーパー戦隊である秘密戦隊ゴレンジャーのアカレンジャー、そしてジャッカー電撃隊の行動隊長であるビッグワンであった。
ゴセイジャーの『貴方は・・・!』やアカレンジャーの『ゴセイジャーの諸君だな!』というセリフに、歴代スーパー戦隊が時代を超えて繋がっているってことが実感できてグッと来ましたねぇ。
しかも、アカレンジャーやビッグワン、さらには他のレジェンド戦士の何人かは放映当時と同じスーツアクターさんとのことで、正に現代に現代に甦ったヒーローといえますな。

その後、彼らを最終決戦の地へと誘う為に駆けつけたのはシグナルマン・黒騎士ヒュウガ・デカマスター・デカスワン・ウルザードファイヤー・マジマザー・大剣人ズバーン・黒獅子リオ・メレ・姫シンケンレッドといった追加戦士の面々。
シグナルマン・黒騎士ヒュウガ・デカマスター・ウルザードファイヤー・ズバーンはそれぞれオリジナルの声優さんが声を当てられています。(ズバーンは過去の音声だけ使用?)
まさかの『ベガスラッシュ!』やリオ・メレの臨技、シグナルマンの『チーキュのために』などなど、短い時間の間にそれぞれの個性が出ていました。
さすがのデカマスターもアカレンジャーやビッグワンに対しては『ここは我々が食い止めます!』と敬語なんですね。
ちなみに、獣拳戦隊ゲキレンジャー本編で死者となったリオ・メレが参戦している理由ですが、パンフレットでは「何者かが現世に呼び戻したのだろうか」とされています。

歴代スーパー戦隊と合流したアカレンジャーとビッグワン、そしてゴセイジャー。
ここからはゴーカイジャー第1話で描かれたレジェンド大戦となります。
ただし、TVでは使われなかった映像を交えつつ、さらには本映画に出演した戦隊OBの方々がアフレコするという豪華仕様に。
最後のスーパー戦隊全ての力を集結しての攻撃の時、先ほど足止めを担った追加戦士の面々も参加していた模様。
ウルザードファイヤーの『全ての家族の未来のために』ってセリフは魔法家族の大黒柱にピッタリですねぇ。

戦いが終わり、目を覚ましたゴセイジャー達の前に現れたのは轟轟戦隊ボウケンジャーから明石暁(ボウケンレッド)、炎神戦隊ゴーオンジャーから楼山早輝(ゴーオンイエロー)、侍戦隊シンケンジャーから谷千明(シンケングリーン)、梅森源太(シンケンゴールド)の4人。
彼らからザンギャック艦隊を全滅させたがもうあの(変身後の)姿にはなれないと聞き、ショックを隠せないものの地球を護れた事を喜ぶゴセイジャー。
ちなみに、このとき彼らの後方では別のレジェンド戦士達が立ち上がる姿がチラッと移っています。
もちろんユニフォームを纏っただけで違う役者さん(スタッフさんかな?)ではありますが、こういうカットが入っているだけで「あぁ、力を失ったレジェンド戦士達が方々で顔を合わせたんだろうなぁ」と想像させられます。


ここで時間は現代となり、レジェンド戦士達の日常が描かれます。
日常パートで登場したのは電子戦隊デンジマンから青梅大五郎(デンジブルー)、五星戦隊ダイレンジャーから天火星・亮(リュウレンジャー)、特捜戦隊デカレンジャーから胡堂小梅ことウメコ(デカピンク)の3人。
それぞれ登場シーンで各戦隊のBGMや当時の映像による回想シーンが差し込まれるという豪華仕様。
ここまで戦隊OBの扱いが良いとは想定しておらず、思わず「スゲェ・・・」と思いましたよ。
ダイデンジンの玩具を持っていた幼稚園児や、バリブルーンの玩具を売ろうかと考えていたリストラされたサラリーマンとの絡みが後々の展開への伏線になろうとは・・・。
今回サラリーマン役をされたお笑い芸人我が家の塚倉さんですが、失礼な言い方になりますけどしっかりと演技されていてちょっとビックリ。

一方その頃、ザンギャック軍と戦いを繰り広げる海賊戦隊ゴーカイジャーのターンに。
何故バリゾーグやインサーンが地上に来ているのはさておき、大量のゴーミン・スゴーミンを炎神戦隊ゴーオンジャーや地球戦隊ファイブマン、科学戦隊ダイナマンにゴーカイチェンジして撃破するゴーカイジャー。
ゴーカイチェンジの際に現れるマークが各メンバーで異なっていて細かかったです。
なかでもファイブブラックのマーク「語」は否が応でも目立ちますね(笑)。
ダイナマンに変身した際に発生する大爆発でゴーミンを一掃したのには笑ってしまいました。
そして天装術で一気にけりをつけようとゴセイジャーのレンジャーキーを手にした時、黄色と黒の影がレンジャーキーを奪取する。
その正体はもちろん力を失った護星天使、ゴセイジャーの5人。
自分達のレンジャーキーを取り戻した彼らは自分の身体にレンジャーキーを取り込み、数年振りにゴセイジャーへの変身を遂げる事に。

天装術でザンギャック軍を退けたゴセイジャーですが、自分達のレンジャーキーを奪われて黙って見ているはずもないのがゴーカイジャー。
ゴセイナイトのレンジャーキーも返してほしいと言い寄るゴセイジャーに対して、ゴーカイジャーの面々はそんなキーは記憶にないと言う。
力を失ったゴセイナイトは小さなグランディオンヘッダーの状態となっていて、一万年の時を経てゴセイナイトへ超進化する前の状態になったってことかしら?
結局力ずくとなりお互いに戦いを繰り広げるも、ゴセイバスターvsファイナルウェーブの激突で両者一時撤退することに。

またしても作戦を邪魔され、激昂しているワルズ・ギルの元にやって来たのは、秘密戦隊ゴレンジャーに倒された黒十字総統の生まれ変わりである黒十字王。
スーパー戦隊とスーパー戦隊を信じる全ての人へ復讐する為に、ザンギャック軍と手を組むべくやってきたとのことだが、ここで威厳を見せるべく放ったワルズ・ギルのセリフが印象的でした。

『我々がいる限り、地球を好きにはさせんぞ!』

お前はアレか、正義の味方か(笑)。


ゴーカイガレオンに戻り、宝箱をチェックしたハカセが見つけたのがゴセイナイトのレンジャーキー。
つい先日入手したから記憶になかったらしく、TVとのリンクがされていて「おー」と思いましたねぇ。
で、ゴセイナイトのレンジャーキーを使って罠を張ろうと考えるゴーカイジャーだったが、突然ゴーカイガレオンが何者かに攻撃される。
なんとゴセイジャーが先手を打ってゴセイヘッダーで攻撃してきて、そのままゴセイグレートvsゴーカイオーのバトルへ突入。
何気にバンク以外での初ゴーカイ合体を披露したゴーカイオーだったりします。



戦いの中でシーイックゴセイグレートとなってゴーカイジャーの面々(主にルカ)につっこまれる一面もありつつ、その裏でゴーカイガレオンに進入したゴセイレッドとゴーカイレッドの一騎打ちが繰り広げられる。
しかし、その隙を突いて黒十字王が襲来してゴセイジャーの6人とゴーカイジャーの5人をのぞく、全てのレンジャーキーを奪われてしまう。
そしてゴセイジャーの宿敵であった救星主ブラジラ、ゴーオンジャーに登場したガイアークの総裏大臣ヨゴシマクリタイン、魔法戦隊マジレンジャーに登場したインフェルシアの冥府神ダゴンを蘇らせ、ゴセイジャーとゴーカイジャーを別世界へ分断させてしまう。
この時ダゴンが『今は黒十字王様が戒律だ』って言ってたのがマジレンジャー本編を思い出されてニヤリと。

ジョー・ルカ・アグリ・モネはヨゴシマクリタインが支配する「ヨゴ映の映画村」へ、ハカセ・アイム・ハイド・エリはダゴンが支配する「森と海がある大自然」へ、そしてマーベラス・アラタはブラジラが支配する「時間が停まったオフィスビル」へ飛ばされます。
しかもそれぞれが率いていた雑兵も復活して、ゴセイジャー・ゴーカイジャーを苦しめます。
初めはゴセイジャーのレンジャーキーを巡って争っていた両スーパー戦隊ですが、共に戦う内に互いを認め合い共闘することに。
それぞれの打開策が単なる力押しではなく、策を練って逆転していったのが個人的に好印象ですな。
そして、ヨゴシマクリタインにサインをお願いしたルカ・モネがいった『シタの方じゃなくてマクリの方』(だったかな?)ってセリフに内心笑ってしまいました。
なんでお前らが息子の事を知っているんだよって突っ込みも無用ですよね(笑)。

再生幹部を下し、再び集合したゴセイジャー・ゴーカイジャーの前に現れたのは力を取り戻したゴセイナイトと、その肩に乗るナビィ。
黒十字王にレンジャーキーを奪われた際に、その魔の手から逃れていたゴセイナイトのレンジャーキーをナビィが見つけてゴセイナイトへ渡したとのこと。
するとそこへ黒十字王が襲来し、手にした銃にレンジャーキーを投入してゴレンジャーからシンケンジャーまでの計176人の戦士達を召喚して攻撃を仕掛ける。
今まで地球の平和を護ってきたスーパー戦隊が敵に回るという悪夢だが、先輩の力を利用する黒十字王に対する怒りに燃えるゴセイジャー・ゴーカイジャーは逆に普段以上の力を発揮する。
・・・ゴーカイジャーにとっては、自分達のレンジャーキーを利用されたって怒りのほうが強いかもしれませんが(苦笑)。

僕が覚えている限りではジャッカー電撃隊・バトルフィーバーJ、大戦隊ゴーグルファイブ、電子戦隊デンジマン、科学戦隊ダイナマン、電撃戦隊チェンジマン、超新星フラッシュマン、忍者戦隊カクレンジャー、激装戦隊カ〜〜〜レンジャー、聖獣戦隊ギンガマン、爆竜戦隊アバレンジャーは各戦隊毎に戦いを仕掛け、他には色毎だったり追加戦士でチームを組んで攻めてきました。
過去に放映されたバズーカの映像が使用されたり、現在の技術で復活したデンジカッターやニュースーパーダイナマイトなどなどでちゃんと各戦隊の個性を魅せてくれたのが素晴らしいっす。
しかし、力はあっても所詮は操り人形である彼らはゴセイジャー・ゴーカイジャーの敵ではなく、次々と撃破してレンジャーキーへと戻っていきます。
そして、秘密戦隊ゴレンジャー・炎神戦隊ゴーオンジャー・獣拳戦隊ゲキレンジャー・侍戦隊シンケンジャーの必殺技に対抗してゴセイバスター&ファイナルウェーブのコンボで撃破し、全てのスーパー戦隊の力を取り戻します。
もうここまででおなか一杯になるほど戦闘シーンが描かれていましたが、怒涛の展開はまだまだ続きます。

33大スーパー戦隊と戦い、疲労困憊となったゴセイジャー・ゴーカイジャーの前に現れた黒十字王は巨大化し、彼らに追い討ちをかけます。
もはや戦う力が付きかけている彼らでしたが、ここでレンジャーキーが光り輝き、彼らを包み込みます。
それぞれのレンジャーキーに込められたレジェンド戦士達の残留思念(?)が語りかけ、海賊戦隊ゴーカイジャーが35番目のスーパー戦隊として名実共に認められる事に。
イメージとして登場したのはレジェンド大戦後や日常パートで登場した7人に加えて、秘密戦隊ゴレンジャーから海城剛(アカレンジャー)、ジャッカー電撃隊から番場荘吉(ビッグワン)、大戦隊ゴーグルファイブから黒田官平(ゴーグルブラック)、科学戦隊ダイナマンから立花レイ(ダイナピンク)、超電子バイオマンの郷四郎(レッドワン)、高速戦隊ターボレンジャーから炎力(レッドターボ)が登場。
彼らのセリフはそれぞれにそれぞれらしいセリフでして、例えば立花レイの『怒りを爆発させて』とかありました。
光が収まった時、彼らの後ろには33大スーパー戦隊が集結し、ゴセイジャー・ゴーカイジャーにスーパー戦隊バズーカを授けます。
この場面で、合成ではありますが崖が雛壇状になって各スーパー戦隊が名乗りのポーズを決める姿が壮観でしたね。

撃破された巨大黒十字王はしかし、その真の正体である黒十字城となり反撃を開始した。
スカイツリーとほぼ同じ高さの黒十字城にゴーカイオー、ゴセイグレート、ゴセイグランドが立ち向かいますが、あまりのサイズの差に満足に太刀打ちができない状況。



単身向かっていったゴセイグランドはあえなく返り討ちにされ、ゴセイナイトの姿に戻ってしまう。
2大ロボが絶体絶命の姿を見て、避難していた人々も絶望に包まれてしまう。
しかし、そんな時にゴセイジャーと共に過ごした天知望、青梅大五郎達に信じる事の尊さを教えられた幼稚園児やサラリーマン達がゴセイジャー・ゴーカイジャーを信じて力の限り応援の声をあげる。
その声を聞き、ゴセイグレートとゴーカイオーに今まで以上のパワーが漲り、さらには幼稚園児やサラリーマンが大切にしていた戦隊メカのロボが光り輝き、奇跡が起こった。



35のスーパー戦隊が誇る2大戦闘機&33大ロボが一堂に集結するという待望の展開。
しかも、それがレンジャーキーがもたらした奇跡ではなく、スーパー戦隊を信じた人々が起こした奇跡ってのがグッと来ますね。
秘密戦隊ゴレンジャーのOP曲にあわせて、全ての巨大戦力が黒十字城と再度召喚された復活幹部達との最終決戦を繰り広げます。
ロボのスーツが残っていないものは過去映像やCGを駆使して、とにかく全てのメカに見せ場があったのが良かったです。
過去に轟轟戦隊ボウケンジャーのコーナーで作成されたバトルフィーバーロボ&ダイボウケンのコラボ映像も使われていましたね。
他にはRVロボの激走切りとエンジンオーのゴーオンGPコンボなんかもありました。
正直、必殺技のラッシュで1回見ただけじゃ全てを目で追いきれないくらい詰め込まれていて、非常に濃厚な戦闘シーンとなっていました。
そして、ゴレンジャーの大いなる力を授かったことで誕生したゴレンゴーカイオーによるゴーカイハリケーン・カシオペアの一撃で黒十字城は陥落し、長かった戦いがスーパー戦隊の勝利という形で終結。
最後の一撃は、秘密戦隊ゴレンジャーにて黒十字総統に放ったゴレンジャーハリケーンが「ゴレンジャーハリケーン・カシオペア」だった事へのオマージュとのこと。

戦いが終わり、ゴセイジャーは『力は一つに集めておいたほうが良い』ということで自分達の力をゴーカイジャーに預ける事に。
しかし、ゴセイジャーの大いなる力は継承されたかどうかは分からないですねぇ。
TVで再開する事があるのか、はたまた既に継承されていて必要な時になったら発動するのか、それは今後の楽しみとしておきましょう。

で、エンディングはもちろんスーパー戦隊ヒーローゲッターで、しかも199ver.という特別仕様。
といっても、曲自体は今までの1番2番3番に分かれていたスーパー戦隊の紹介をほぼ連続で最後まで流すという展開にしたくらいで、サウンドや歌ってる方が変わったわけではありません。
ではなにが特別仕様かというと、曲にあわせて全てのスーパー戦隊が名乗りのポーズを新規に撮影しているということです。
人数が足りない太陽戦隊サンバルカンや爆竜戦隊アバレンジャーについてはハカセ・アイムが代役として登場していましたが、それ以外の全ての戦隊が決めポーズをやっていました。
加えて、本来の1番2番3番の各区切りで曲にあわせて、今回登場した戦隊OBが変身後の姿とのツーショットで決めポーズを取っているというオマケ付き。
こんな演出があったせいでスタッフロールは一切目に入りませんでした(爆)。

長々と書きましたが、とにかくこれだけ興奮した映画は『劇場版仮面ライダーW AtoZ 運命のガイアメモリ』以来ですね。
レッツゴー仮面ライダーは楽しめはしましたが、歴代ライダーの扱いがあんまりだったのでちょっとね(苦笑)。
DVD出るのが待ち遠しいから、また明日見に行こうかしら?

スポンサーサイト

  • 2014.09.06 Saturday
  • -
  • 23:16
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
profile
ウェブ拍手
Twitter
リンク
〜ホームページ〜

過去にブログで載せた作品達の展示もやっています。
当サイト内リンクスペースはこちら(別窓)
こちらで作品展示しています。
〜東方Project〜

東方サーチ
森近 霖之助@wiki
We Are Funky Chicken(う〜太 氏)
人生道草(道草 氏)
しゅまの拝み屋殴り旅 (しゅま 氏)
イッシーのほのぼのなブログ(イッシー13 氏)
HopefulDreams(浅村緋織 氏)
月下の鈴(鈴月 氏)
猫飯亭〜ねこまんまてい〜(ひげねこ 氏)
灯琳堂(さとや 氏)
チェねずみ(チェけん 氏)
植木投げの法(生植木 氏) 
にらたまごかけごはん(韮白 氏)
竜のねぐら(はみゅん 氏)
おかわり自由(しゃもじ 氏)
十四郎亭の出納帳(十四郎 氏)
Rapunzel(暁リト 氏)
天狗のしわざ。(jardio 氏)
$貯金日誌(ドルルン 氏)
矢本堂落書市(yamoto 氏)
独創性皆無(Yすけ 氏)
國城屋(國城 氏)
こたびの物置(こたび 氏)
淡色の空(淡色 氏)
自分らしく……(ark 氏)
Evolution&ReraOrganization (鬼狼・鬼干瓜 氏)
カレハベース(SAG 氏)
きっと大事な落とし物(拝 一樹 氏)
鳩の戦記(鳩 氏)
煙のように(うるま なお 氏)
〜リリカルなのは〜

ユーなの同盟
『君の中へ』をカラオケに
魔法少女リリカルなのは ポータル「時空管理局」
無限書庫の風景(仮)
日々、自由、哉。(朱雅 氏)
ものがたり屋。ブログ(ショウ 氏)
いつか見上げた、あの青空の下で・・・(マスターうー 氏)
selected entries
categories
archives
recent comment
search this site.
recommend
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM